ダウンタウン熊本(ダンクマ)はデリヘル・風俗のブログ、グラビア、顔出し女のコ、割引クーポン満載

板垣由衣子(55)

  • 2018年8月
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最新の記事

アーカイブ

写真一覧

  • 朝キュン
  • 燃えあがり
  • 情事の椅子
  • 台風
  • キャンディートーク
  • 感じます
  •  ムラムラしております
  • 今夜も素敵に…
  • 夏の残り香

itagakiblog

1,138 件中 891 ~ 900 件 表示

呼吸チョコ投稿日時:2017/10/30 23:12

バスローブの下腹部に
手を伸ばされ
由衣子の肌に
滑らかに這う指は
いやらしい…
      ヘアーなんだね
少し薄めで
丘の上に申し訳ない程度
生え揃っている
由衣子のヘアーを
優しく撫でられ
恥ずかしいです…
毛並みが…柔らかいね
指先でサワサワと
その繁みに触れられると
そのまま
その丘の向こうへ
由衣子の
蝶のように開いた
ラヴィアは
もうしっとりと潤い
中指で割れ目をたどり
その谷間に
指先を沈められると
ゆっくりとその指先を
スリットの中で
前後にスライドさせると
由衣子の亀裂を
ソフトに擦られ
ああぁっ…だめっ…
甘えた声でよがると
その声は
U様の興奮を奮い立たせ
指先が谷間の筋を探り
由衣子の
ウィークポイント
見つけ出され
人差し指の腹で
肉莢を見つけ出されると
 
そこを重点的に刺激され
クリクリ…クリクリ…
由衣子は
その突起の
手前の窪みからの
立ち上がりを
責められると
腰が浮いてしまい
ひゃぁぁ…そんな…
肉莢の刺激を
少し強く
責め立てられると
由衣子の腰は
ガクガクと痙攣し
全身に力がこもり
由衣子は
U様の腕に掴まり
クチュクチュクチュ
谷間から溢れる
白い蜜を指で掬い
そこを存分に
掻き回されると
凄いいやらしい
音がしているよ
指先を
白蜜でぬるぬるして
その濡れでもう一度
肉莢を責め上げられ
人差し指を親指で挟み
柔らかく扱き上げられると
由衣子の腰は
もう一度仰け反り
U様の指先から
肉莢が逃げると
手のひら全体で
蝶のように
開いたラヴィアを包み
激しく擦られ
 
 
U様の太腿に手を伸ばし
ギンキンに張り詰めている
巨砲を
手のひらに包み込み
その高まりを
激しく刺激すると
ううぅっ…
腰が動き
由衣子の指先で
U様の巨砲の
裏筋を擦ると
U様はを食いしばり
荒い息が洩れないよう堪え
由衣子の指先は完全に
巨砲を包み込み
裏筋を擦りながら
由衣子は唇で
U様の亀頭を舐め
由衣子の舌は
割れ目から溢れる
我慢汁を舐め掬い
快感の火照りの中
根元まで深く
しゃぶり込み
手の動きに合わせて
ストロークさせると
凄まじい勢いで
灼熱の溶岩が
ドロドロに噴き上げ
ロマンチックで
刺激的な
快楽の世界に溺れ
満たされた
お時間でしたね
 
 
東区でお愛した
U様へ
を込めて
 
五十路マダム熊本店
板垣由衣子

蜂蜜を纏い投稿日時:2017/10/30 18:02

気怠い雰囲気は
男の色気を感じさせ
由衣子の躰を
欲情させる
 
熟女の
本能を掻き立てる
不思議な魅力が
いやらしい空間を
想像させ
甘く濃厚なひととき
貴方様と
甘い官能の世界へ
誘いください。
 
ナイトなお時間も
何卒
宜しくお願い致します。
 
五十路マダム熊本店
板垣由衣子
 

秋雲投稿日時:2017/10/30 14:48

ルビーのような
    熟石だね…
Y様が
由衣子の右の肩ごしに
乳首を見つめ
賞賛の言葉を
繰り返されると
Y様の両手は
由衣子の下腹部に回され
ドキドキします
熱い躰に
嬉しい言葉をしみ込ませて
淫らな気分を
更に高まらせるべく
由衣子の微乳に
頬をくっつけ
その熟石を
唇で挟まれると
チュッパチュッパ
啄まれ
静かに見つめ合う中
Y様の大きな手のひらで
由衣子の頬を撫でられ
もう片方の手は
黒々とした毛叢をかき分け
皮を被っている赤い蕾を
指先で開き
剥き出しにされると
頬を撫でている
左手は止まり
赤い蕾に唇が舞い降り
舌先で上下に舐められ
優しく吸い付かれると
はぁはぁ…
由衣子は
長い吐息を洩らし
 
その吐息が終わった頃
Y様の舌が
すでに潤み光っている
魔唇を乗り越えて
奥へ奥へと捻込まれると
淫靡に波打つ
Y様の舌先で愛撫されると
その舌技に感激し
それは
焼き立てのトーストの上の
溶けたチーズのように
柔らかく清流のように
流麗な舌で
 
そんなY様の舌先で
レロッレロッ
舐め回されると
魔花弁が舞う
秋風のように
快感を掻き回し
あっ…おぉぉっ…
皮で被っている赤い蕾の
舌の狭間では
唾液の泡が
激しく蕩け出し
賑やかな音を響かせ
淫靡な響きに
由衣子の
甘ったるい声は重なり
 
 
Y様は再び
由衣子の頬に手を添え
唇へと澄みきった
糸を垂らした
魔羅棒をあてがわれると
由衣子は濡れた唇を開き
魔羅棒を深く咥え込み
小さく窄めた
唇で吸い付き
上下にしゃぶり
根元まで深く飲み込むと
その根元を
強く圧迫しながら
舌先は裏筋を
なぞるように舐め
人差し指から
小指までの指先を
魔羅棒に沿って一列に揃え
その四本の指先で
ツーーッと
撫で上げると
Y様の腰と脚に力が入り
背筋を仰け反らせ
激しく勃起している
魔羅棒は更に怒張し
ううぅっ…
甘く低い声を
洩らしている吐息を
咽び泣くように
高くしながら
濃蜜な快感に
悦び震えた
お時間でしたね
また甘い時間
お誘いくださいね
 
セレスでお愛したY様へ
を込めて
 
五十路マダム熊本店
板垣由衣子

マンDay投稿日時:2017/10/30 11:12

柔らかな
日差しが差し込む
穏やかな週の始まり
昨日の
吹き荒れる風が過ぎ去り
秋晴れに心が弾む
思いでございます
 
素敵なお天気の
スタートを迎えた
週始め
 
今週も貴方様と
素敵な1週間に
なりますように
 
本日も何卒
宜しくお願い致します。
 
五十路マダム熊本店
板垣由衣子

ざわめきと静寂投稿日時:2017/10/29 16:10

触れ合う肌の熱さが
気持ちまで熱くさせ
静かに秋風が
二人を包み込み
M様の貪るようなkissに
由衣子は応え
微乳を優しく包まれ
その先を
指で転がされながら
由衣子はM様の肩を掴み
目を閉じて喘ぎ
ああぁっ…
M様は由衣子の微乳の先に
kissを落とし
んっ…
ピクリと反応する
由衣子を確かめ
固くなった小さな紅実を
舐め回されると
ぬるぬるとした舌が
敏感な先端の紅実を味わい
ああぁっ…感じる…
感じています…
由衣子は目を閉じて
体中にぞわぞわと
熱く拡がっていく快感に
身を委ねM様の口の中で
舌に扱かれ唇で
そこを吸われると
チュッ…チュッ…
ううぅっ…
由衣子は自分の声が
恥ずかしくなり
手で口を塞ぐと
 
M様は右の微乳から
左へと何度も繰り返しされ
由衣子の躰は
小刻みに震え続け
腰に回された手が
太腿を伝い
絹草の繁みをかき分け
開いた肉園に触れられると
…っ…
肩を抱かれた由衣子に
熱い息がかかり
そっと目を開くと
M様の瞳は
ギラギラとした
熱さを隠しきれず
開いた肉園の割れ目に
ゆっくりと指先が下に動き
なだらかな丘を過ぎると
太腿の中心に
M様の揃えた指先が
ゆっくりと挿入され
絹草の繁みを
丁寧にかき分け
指先が柔らかな割れ目を
左右に撫でられると
ああぁっ…
由衣子の潤んだ瞳に
M様の息遣いは荒くなり
 
 
溢れ出した花蜜が
静かな水音を立て
ピクピクと動き出した
由衣子の太腿を脚で抑え
再び
由衣子の開いた肉園に
太い指がグイッと入り込み
ゆっくりと
捻込まれるように
入れられた指が
そっと抜かれ熟びらを分け
朱宝石を震わせ
いいっ…いいっ…
朱宝石と熟びらが
音を立てて擦られると
弄ばれて感電したように
躰は反応し
開かれた肉園の奥からは
熱いものが押し寄せ
奥が疼くの
M様にしがみつき
腰を脚に絡ませ
増やされた太い指を
ゆっくりと腰を動かし
手のひらに擦れる
膨らんだ朱宝石が
甘い刺激を
欲しがり痺れ 
 
 
猛々しくそそり勃つ男根を
由衣子の
唇にあてがわれると
あぁっ…待って…
太く熱い男根を
根元まで
しっかり咥え込み
唾液を絡ませながら
ゆっくり舐めしゃぶりると
M様は息を荒げ
先端の膨らみからは
男の熱い樹液を
飛沫した瞬間
甘美なエクスタシーに
包まれ
煌めき舞った
お時間でしたね
またM様の温かい胸に
寄り添い
淫れさせてくださいね
 
戸島でお愛したM様へ
を込めて
 
五十路マダム熊本店
板垣由衣子

語らい投稿日時:2017/10/29 10:44

愛の語り合いには
ふさわしき
秋の週末
 
そんな秋風の中に
貴方様は
どんな語らいを
するのだろう
 
優しいお時間
お誘いください
 
本日も何卒
宜しくお願い致します。
 
五十路マダム熊本店
板垣由衣子

OK牧場投稿日時:2017/10/28 21:48

S様の手は
由衣子の揃えられた
脚に置かれ
熟れた太腿を
撫で回されると
S様の腕に力が込められ
素早く由衣子の膝を割り
太腿に這わせた手は
奥にまで入り込み
はぁはぁ…
S様の腕が
由衣子の温かい秘密の沼で
意味深に動くと
由衣子は
声を洩らしてしまい
S様の指先は
何かを捕らえたように
動きを止め
その瞬間由衣子の肢体は
微かに震え
由衣子を見つめながら
S様は囁き
快感がほしいか
 
ベッドに倒れ込むと
S様は由衣子の唇を被い
丁寧に唇を吸いながら
全身をそっと撫でていき
微かに盛り上がった
由衣子の胸元を
何度も撫で
S様は優しく微笑みながら
由衣子の首筋に吸い付き
肌を吸いながら
由衣子の小豆を
ゆっくりと弾かれ
S様は両手をそっと
脹ら脛の上に置き
柔らかな肉体を
ゆっくり揉み拉かれると
ああぁっ…
 
剥き出しの由衣子の躰に
S様は
優しい口づけを与え
チュッチュッと
湿った音が部屋に響き
S様の片手が微乳を離れ
由衣子の脚に運ばれ
膝を擽るように動く指先が
再び
温かい秘密の沼に侵入し
S様の指先は
一定のペースで
由衣子の最奥部に
突き立てられると
由衣子は瞳を閉じたまま
シーツを掴み
 
 
由衣子はS様の前に跪き
巨大な珍宝を目の前に
そそり勃ちその先端に
口づけを与え
濡れた唇で
たっぷりと吸い
丸めた口で頬張り
由衣子は舌先を
いやらしく動かし
S様の脚を撫でながら
顔を淫らに上下に動かし
根元に添えた右手を扱き
吸い上げると
呻きに似た
咆哮を洩らし
悦液を飛沫され
紅色に染め上がり
濃蜜なるひとときに
満たされた
お時間でしたね
また
大人のlovetimeの続きを
楽しみましょうね
 
ロゼでお愛したS様へ
を込めて
 
五十路マダム熊本店
板垣由衣子

濡開花投稿日時:2017/10/28 17:40

 溢れて濡れてる
淫らな由衣子
 
貴方の桃色吐息が
欲しくて
 
由衣子を
抱きしめてください
 
週末のナイトなお時間も
宜しくお願い致します。
 
五十路マダム熊本店
板垣由衣子

あんまかろん投稿日時:2017/10/28 01:16

由衣子を抱きしめ
右手で短いスカートの
奥を弄られ…
やっ…あっっ…
思わず声が漏れてしまい…
 
濡れてるね…
 
首からうなじに
舌を這わせられると
由衣子はU様の首に
しがみつき…
パンティーの横から
指を入れ薄い海藻を
撫でられ
柔らかな肉の窪みに
割り込ませ
熱い滑りを見つけられると
指の腹を深く浸され…
膝で由衣子の足を開かれ
ぬるぬるの淫猥な園を
撫で回されると
ピチャッピチャッと
粘液の音がいやらしく響き
 
U様の舌は脇腹から
太腿を伝い淫猥な園に
舌を伸ばされると
気持ちいいっ…あんっ
ピンッと伸ばした両足を
U様の肩に乗せ
腰を
浮かせてしまう由衣子…
熟尻を掴み舌を尖らせて
隅々まで舐められると
その快感の波は
大きく襲い…
 
手のひらで微乳を
柔らかく揉まれると
ピンク色の皺豆を舐められ
ああぁっ…
吸い付かれると
由衣子の躰は硬直し
微乳を揉みながら
首筋に
舌を這わせられると
硬く目を閉じ
顎を上げ
熱い吐息を洩らす由衣子
 
 
U様の背中に腕を回すと
筋肉の隆起が
男を感じさせ
U様の薄明かりで
筋肉がいやらしく影を作り
固い肉棒を握り
裏筋を根元から舐め
吸い付くように口に入れ
チュッパチュッパ
上下すると
…っ…くっ…
堪えきれなくて
洩れたU様の声は
嬉しくて
固い肉棒の舌の瑠璃玉を
愛撫すると
ううぅっ…あっ…
U様は由衣子を
脚の間に割入り淫豆に
擦り付けられると
揺れた回りをなぞられ
淫猥な園はひくつき
 
U様の固い肉の棒を握り
深くしゃぶり込み
ストロークさせると
熱い息に混じり
淫らに
唾液の糸を引きながら
悦びの射液を
放ったお時間でしたね
また大人の
いやらしい火遊び
お誘いくださいね
 
ヨークでお愛した
U様へ
を込めて
 
五十路マダム熊本店
板垣由衣子

優しさの合間投稿日時:2017/10/27 21:44

由衣子の顔、唇
瞬きをした
その瞬間にチュッと
小鳥のような
kissをされると
そのまま
ベッドに入り込み
S様はすぐに
由衣子を抱き寄せ
横向きに正対し
見つめ合うと
由衣子はS様の
股間を弄り
S様も由衣子の淫花を
擦られると
まだ濡れてないね
濡らして、
ビショビショにして。
由衣子をいやらしい女に
変えてください…
S様は
由衣子の首筋に吸い付き
吸われている所を
隠すように
首を傾げながら
由衣子の手は
S様の樫の棒を握ると
長く舌を絡ませる
kissを交わしながら
S様の手は
由衣子の微乳に
触れられると
優しくそして強く揉まれ
頂点の硬い
干しぶどうを摘まれ
干しぶどうを刺激されると
プックリと
硬く膨れ上がり
ふぁーん
甘ったるい声が洩れ
動く程に
邪魔になった
布団を剥ぐり取ると
二人の裸体
妖しく燃えたように
露わになり
左側の胸の干しぶどうを
口に含んだ
唾液で濡らしながら
ペロペロ舐め上げられ
優しく乳輪やその回りまで
口の中へ吸い入れられると
ああぁっ…
躰をくねらせよがる由衣子
あんっ、感じちゃう
干しぶどうだけじゃなく
微乳の膨らみ全体も
円を描くように大きく
舐められると
その唇は
次第に下方へ這い下り
舐める舌は内腿の
柔らかな所に行きつくと
チロチロと細かく舐めては
内へと向かい
裂け口のラインに沿って
スーッと舐め上げられると
由衣子は腰を浮き姿上がらせ
舌先に力を入れて
先をもがくように動かし
左右に舌を揺らしながら
指では裂け口や
濡れ甘納豆を弄られながら
グニグニと
舌裏を使って舐められると
ああぁっ…
気持ちいいっ…
キュッと濡れ
甘納豆を摘まれると
ジュワッと
淫欲の花蜜が溢れ
シーツをも濡らし
もうグチョグチョだよ
由衣子の腰は
左右に妖しく揺れ
ピクピクと
由衣子の淫花は痙攣し
 
 
テカテカと亀頭を光らせ
樫の棒に唇を落とし
ねっとりと
そのテカテカ光る
男のパワーを舐め取ると
ううぅっ…
呻き声を上げるS様
樫の棒を両手で包み
欲望袋をニギニギと
柔らかく刺激すると
いいっ…いいっ…
気持ちいいよ…
眉を潜め腰を浮かすS様
樫の棒の根元まで
奥深く咥え
鈴口を舌先で
チロチロしながら
顔を上下に激しく動かすと
S様の浮いていた腰は
ピーッと硬く反り返り
情欲の魂は
白い法悦となって
亀頭の先端から
怒濤の咆哮を上げ
至福のひとときに
悦び満たされた
お時間でしたね
 
五領でお愛したS様へ
を込めて
 
五十路マダム熊本店
板垣由衣子

1,138 件中 891 ~ 900 件 表示