ダウンタウン熊本(ダンクマ)はデリヘル・風俗のブログ、グラビア、顔出し女のコ、割引クーポン満載

板垣由衣子(55)

  • 2018年6月
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最新の記事

アーカイブ

写真一覧

  • 夢で逢えたら
  • 梅雨の香り
  • 股間クリーニング
  • 秘密の遊戯
  • 熱き空間
  • 眠れる刻
  • 喘ぎたい
  • 媚色の狩人
  • 媚態

itagakiblog

912 件中 891 ~ 900 件 表示

あの日あの時投稿日時:2017/08/11 23:42

優しい眼差しで
お出迎え頂き
由衣子の心は解れ…
S様の左手で
由衣子の顎を上げ
首筋にkissをしながら
乳房を優しく撫でられ
掌が小豆を擦られると
ああぁっ…
S様の左手は
由衣子の乳房を揉みしだき
乳房から離れた右手は
由衣子の熱い場所を
強く擦り始め…
唇を合わせながら
開かれた竜宮城を
揃えた指先が
ゆっくりと左右に
何度も擦られると
はぁはぁ…
柔らかに前後に動くと
由衣子の竜宮城からは
祝蜜が溢れ出し
 
S様は後ろから
由衣子の右脚を
高く押し上げながら屈み
脚の付け根を横に
舐められると
片膝を高く上げて
開かれた竜宮城に
舌を長く伸ばして
舐められると
S様の横顔は
恥ずかしい場所を見つめ
舌先が宮びらの内側を
なぞるのが見え
舌先を左右に動かし
閉じようとする
宮びらを
何度も分けられると
恥ずかしさに目眩がし
舌は赤い珊瑚を見つけ
先端を細かく左右に動かし
刺激されると
ああぁっ…
熱い息が掛かり
赤珊瑚に
柔らかい唇が被せられ
何度も優しく吸われると
いやらしさに胸が震え…
脚を更に高く押し上げられ
由衣子のそこに
しゃぶり付くS様は
舌を強く押し当て
舐め回され
淫靡なS様の顔も
妖しく動き
 
目眩がしそうな
舌の愛撫を受けながら
S様の樫の棒は
硬く長大に硬直し
それを由衣子の口内で包み
根元から舌をくるくる
動かし舐め上げると
S様の樫の棒は
更に肥大し先割れからは
樹液が溢れ
ほろ苦さを味わいながら
強くしゃぶり吸うと
くなりくなり
開いた双臀を蠢かし
甘く切ない喘ぎが
唇から洩れ
悦楽に溺れた
お時間でしたね
また
青春の音楽に身を委ね
大人の時間を
楽しみましょうね
 
玉名でお愛した
S様へを込めて
 
五十路マダム熊本店
板垣由衣子

Sea vacation投稿日時:2017/08/11 18:52

チュッ
唇に柔らかい感触…
見つめ合いながら
熱い舌を侵入されると
小さな舌がぬるぬると
口内を動き回り…
 
M様の手が
由衣子の双丘に伸び
軽く揉みしだき木苺を掴み
優しく感触を
確かめるように摘まみ…
ああぁっ…
もう片方の木苺を
吸い舐められると
熱い息が洩れ
太腿を擦り合わせながら
悦びに堪え
 
 
ベッドに腰かけ
M様の硬く反り勃つ陽物は
ビンビンに皮膚を張り
そこにジュルリと
口の端から
溢れ落ちる唾液を啜り
M様の陽物に舌を這わせ
先端から溢れる
シロップを舐め掬うと
はぁはぁ…
熱い息を荒げ
快感に身を任せ
まどろむM様
布久利の裏、菊紋の付近をそっと撫でると
M様の艶声が更に大きく
ビクビク反応し
 
 
M様の舌先が
首筋から下へ下へ降り
その舌先が
栗花を捕らえると
いいっ…いいっ…
 気持ちいいっ…
由衣子の喘ぎに
M様は執拗に舐め続け
吸い付かれると
脚の先にジンジンと
熱い物を感じ
痺れるような快感が
全身に駆け巡り
そこに指を入れられ
内襞を掻き回されると
濡れて光る花穴は
ピチャピチャと音を奏で
指の動きに合わせて
卑猥な音が響き
M様の陽物を扱きながら
ズリズリと膝立ちし
由衣子の太腿に挟み込むと
腰をくねらせ
絡み合う
悦蜜と牡液のぬたつきに
熱い抑えきれない
絶頂を迎え
大きく躰を震わせると
牡液を宙に噴かせ
悦び浴びた
お時間でしたね
また続きを
楽しみましょうね
 
スカイヒルズで
お愛したM様へ
感謝を込めて
 
五十路マダム熊本店
板垣由衣子

投稿日時:2017/08/11 13:00

緊張を忘れるような
激しいkissに溺れ
何度も角度を変え
唇を吸い舌を絡め…
貪るように唇を求め合い…
由衣子の
太腿に押し付けられた
キノコ肉は硬く膨らみ
熱く火照った躰を
抱きしめられ
N様の胸元に何度もkissをし
胸の先端を
甘く舐め噛むと
腰を浮かして
小さく熱い吐息を洩らす
N様…
下腹部から太腿、膝、
至る処の手触りを
確かめるかのように
優しく触れながら
N様のキノコ肉に
唇を押すとムキムキと
反り勃つキノコ肉
由衣子の口の中で
どんどん硬くなっていき
裏筋に舌を這わせ吸い上げ
手で扱きながら
舌先で先端を刺激すると
はぁはぁ…
荒い呼吸
それから時折上がる
呻きが部屋に響き
ねっとりキノコ肉に
絡み付くような
濃厚なしゃぶりを
何度も繰り返すと
N様は嗜好に似た
呻きを洩らし
全身を小刻みに
悦慄われた
お時間でしたね
まだまだ
暑い日が続きます…
夏バテには
気を付けて下さいね
 
西区でお愛したN様へ
感謝を込めて
 
五十路マダム熊本店
板垣由衣子

夜空の華投稿日時:2017/08/11 09:22

激しく絡みつく舌
K様との初めてのkissは
抑えきれない欲情に
由衣子も興奮し
舌を絡め唇で食んだ…
K様は由衣子の首筋や
鎖骨にkissを落とされると
自然と躰が火照り
 
ブゥーンと微弱に振動する
の先端で
微乳をなぞられると
震える振動に興奮し
微乳の形に沿って動かされ
乳輪をなぞられると
いいっ…いいっ…
硬く尖った微乳の先端は
予想していなかった刺激に
躰がビグッと震え…
はぁはぁ…
秘裂から白蜜が
染み出しているのが
自分でも解り
溢れる白蜜の下着に
染み込み色を濃く変え
K様は由衣子の
パンティを脱がせると
白蜜が溢れる割れ目を
指先で押し開き
固く膨らんだ
サクラ豆の突起に
の震える先端を
近づけられると
凄いです…
凄く濡れてる…
割れ目をなぞり
白蜜を纏わせると
ぬるぬるの先端で
サクラ豆を擦り
振動しながらサクラ豆を
捏ね回されると
今にも絶頂に
達してしまいそうになり…
由衣子は
大きく腰を浮かせて
手足に力をグッと込めると
全身を震わせ
エクスタシーを迎え…
 
K様の太棒は
硬く反り勃ち天を向き
そこを焦らすように
ねっとり舐め
刺激を求め
ヒクヒク動く太棒を
一気に咥え込み
唾液の音が
ペチャペチャ響き…
唇と頬に力を入れ
激しく顔を上下させると
K様は
余裕のなさそうな声を上げ
舌で舐め回され
吸い付かれる毎に
太棒は強く脈打ち
華液を打ち上げた
お時間でしたね
次回はもっともっと
打ち上げてね
 
ビューで
お愛したK様へ
を込めて
 
五十路マダム熊本店
板垣由衣子

Sweet投稿日時:2017/08/10 21:58

再愛のお誘いに嬉しく
お部屋に入ると
どちらともなく口づけを
交わし舌を絡めると
甘い香りが行き来し
T様の舌を絡めとり
ジュルッと吸い上げると
んん…っ鼻にかかった
艶のある声を漏らし…
角度を変えては何度も
繰り返す口づけ
 
T様のノーズコーンは
みるみる肥大し
由衣子が根本を握り
喉まで
一気に吸い込むように
ジュルジュル咥え込み
ねっとり根本から先端へ
丁寧に舌を這わせると
すごく熱く
ノーズコーンは膨張し
すべては
収まりきれないほどに…
熟した干し柿へ舌を伸ばし
片方の手で
優しく撫でながら
口の中でそっと転がすと
T様は気持ち良さそうに
上を向いて
洩らす息を聞きながら
舌を動かし続けると
うぅっ…やばい…
熱く充血した
プックリ膨らんだ割れ目が
口をパクパク広げて
もっと強い刺激で…
驚くほど硬い
ノーズコーンを
女園に擦り付けられると
一番張り出た
カリの部分が女核に当たり
刺激されると
太腿には女核に当たる
熟した干し柿は
ペチペチ当たり…
すごく熱くて
ぬるぬるしてて…凄い
T様の快感は
何度にも分けて
大波が押し寄せ
絶頂に打ち震えた
お時間でしたね
また
sweetなお時間
楽しみましょうね
 
EZUKOでお愛した
T様へ
をこめて
 
五十路マダム熊本店
板垣由衣子

あと1つ投稿日時:2017/08/08 21:58

T様の逞しい肉体と
若さに緊張する由衣子
柔らかな眼差しで
ご挨拶してるうちに
しっとり大人の雰囲気に
変わり…
チュッと軽い音を立てて
唇を吸われると
口端からT様の舌が
入り込み…
何度も舌を絡めとられ
歯列をなぞられると
背筋がゾクッとすると
同時に淫心が揺らめき
 
T様の唇が首筋を這い
微丘の先端に指が触れ
舌は乳輪の縁を
なぞるように舐められ
そのままクリクリと
捏ねるように舌先で
微丘の先端を刺激されると
息が弾み由衣子の
白い肉の屏風にできた
神秘な裂口は疼き出し…
ああぁ〜んっ
思わず漏れた
はしたない声と躰が
小さく跳ねてしまい
 
ぬちゅぬちゅと
白い肉の屏風に
出し入れされる指が
内襞を擦り淫ツボを
なぞられると潤沢に
溢れる妖蜜はお尻を
伝い、シーツまでをも
濡らしてしまい…
 
垂直に反り返る太い銛は
筋張って棍棒のように
漲り勃ち…
由衣子の口内に含むと
喉奥まで突き当たり…
搾るように吸い付き
ストロークさせると
T様の悦波は大きく、
ドクンドクンと噴射され
口端からは唾液と熱い汁が
垂れ…絶頂の叫びを
轟かせたお時間でしたね。
 
また次回のステップ
楽しみにしてます
 
プチフォレストイン
お愛したT様
を込めて
五十路マダム熊本店
板垣由衣子

深夜の舞投稿日時:2017/08/08 19:02

T様の温かい手で
由衣子の膝を割り
内腿を撫でながら
優しくご挨拶し
見つめ合う瞳は
お互いの興奮を
確認し合うと目を閉じ
自然と唇を合わせ
T様の指は絹草をかき分け
しっとり濡れた丘の下は
熟れすぎた通草の実の
ように裂け…
裂目を指の腹で
広げられると
思わず小さく声が漏れ…
 
T様の分厚い舌が
由衣子の火照った通草の実をなぞられると
腰を前に、自ら舐めてと
ねだるように
突き出してしまう由衣子
 
じっとりと濡れた通草の実
を舐め回され
そのうえにプリッと
剥かれた小さな肉芽を
唇で滴まれると
つま先に熱い電流が走り
T様の甘い囁きに
ひくひく躰を震わせながら
感じてしまい
 
鏡に写し出された
イヤラシい
大人の男女の絡みは
淫猥で…
ぴちゃぴちゃと
淫涎の音が部屋に響き
 
T様の淫柱はビンビンに
血管を浮かばせ
由衣子の指で淫柱を
握り、先端の割裂に
光る牡の液を舐め掬うと
後ろの胡桃袋は
キュンと蠢き…
淫柱を深く咥え込み
裏筋を舐め… 
後ろの胡桃袋をパクリと
咥え舐め転がすと
小刻みに震え悶えるT様
 
通草の実の裂に
脈動する淫柱…
優しく紳士な
T様のリードで
大人の情事に乱れ
燃えたお時間でしたね。
また是非遊びにいらして
下さいね
 
ワシントンでお愛した
T様へ
感謝を込めて
五十路マダム熊本店
板垣由衣子

sixパックに包まれて投稿日時:2017/08/08 13:46

久しぶりの甘い感覚に
熱い息を漏らし、
もつれ合いながら
倒れ込むとM様の唇が
耳の形をなぞり時折耳朶を
甘く噛まれ首筋に指を
這わせられると
由衣子の熟れた無花果は
淡い疼きが走り…
白い微丘の上の木の実を
M様の熱い唇に
含まれると由衣子は
淫らな声を上げ
腰を浮かせてしまい。。。
口の中でクチュクチュ
刺激され甘噛みされ
ぬめる舌先で丁寧に
舐め回されると
あーんっ…M様…
淫らな声は更に
大きくなり…
 
M様の下半身の膨らみに
スッと手を伸ばすと
硬く猛々しい男幹は
ヒクヒクと脈動し
肉筋からは透明の粘液を
垂らし…
肉筋を口に含むと
M様の悶える姿に
興奮が止まらず
由衣子は腰を上げ
しゃぶりつくように
根元まで深く咥え込み
顔を上下に動かすと
ううぅっ…
M様の悦声が部屋に響き…
 
濡れてヒクつく無花果の
割れ目に男幹を擦り付け
ぬるりぬるりと熟蜜を
男幹に絡めると
そのヌメリの感触が
絶頂ポイントに達し
白濁の泡液を飛沫し
再愛の悦びに満たされた
お時間でしたね
 
M様の頑張りを
お聞きすると本当感心し
色々と考えさせられます。
M様のような思いやり
大切なことですよね
 
また日常の疲れを
癒しにまた来て下さいね
 
ロゼでお愛した
M様へ
を込めて
五十路マダム熊本店
板垣由衣子

元気なお顔を投稿日時:2017/08/07 23:58

焦らされてる…
そのもどかしい感触に
もぞもぞと力の入った
つま先がくねり
すでに濡れているのか
花の宮殿からは
いやらしい匂いがし
 
N様の手が
由衣子の腰に触れ
引き寄せられるまま
シーツの上に横たわり
N様の手は
由衣子の乳房を軽く揉み
その手はスルリと太腿へ
滑り下り
両脚を開かれると
太腿の内側へ顔を近づけ
ぬるりと柔らかな舌が
太腿から
付け根ぎりぎりまで
なぞられると
予想もしていなかった
刺激にピクンと躰が跳ね
付け根、
皮膚の薄い敏感な所を
舌で撫でながら
白桃の方まで撫で再び戻り
背筋がぞくぞくし
腰をくねらせ
N様の舌がゆっくり
ラビアに近づき
プックリ膨らんだ筋目を
チロチロ舐められると
もっと激しく舐めて…
割れ目の縁を緩慢な動きで
なぞられると
ジワジワと熱くなった
そこから媚酒が溢れ
太腿に伝わるのを感じ
ぬめりを纏ったN様の唇が
ジュルジュルと
筋目に押し当てられ
熱く火照った赤いピアスを
ペロリとされると
抑えられない興奮に
息を荒げる由衣子に
優しく微笑
固く尖ったN様の舌先が 
そこを突かれ
 
N様の舌が
筋目に入り込み
浅く差し入れされ
クニクニ動かされると
ああぁっ…
鮮烈な快感に
大きな嬌声を上げ
躰を震わせ
舌先で皮を剥かれ
先端を何度も何度も
撫でられると
電流が流れるような刺激に
美酒が止め処なく溢れ
N様の先端は
黒曜石みたいに
光を放ち、そ反り勃ち
誇棒を由衣子の唇に
あてがわれ
口内へ迎え入れ
唇で
きつく締め付けるように
吸いしゃぶると
腰を浮かし悶えるN様
黒曜石を滑った
花の宮殿に擦り
太腿できつく閉じ
スライドさせると
性の楽園へ昇りつめ
8月の夜
熱い火遊びに燃えた
お時間でしたね
また
N様の元気な笑顔を
お待ちしてますので
早く元気になられて
くださいね
呉々も無理はせず
暑さも厳しいので
安静に
ぼちぼちですよ
早い回復を
祈っています
 
セルバリゾートで
お愛したN様へ
を込めて
 
五十路マダム熊本店
板垣由衣子

大人同士の秘密投稿日時:2017/08/07 22:00

瞬きするのも忘れるくらい
熱い視線を滑らせ
再愛に悦び
どちらともなく唇が重なり
柔らかさを確かめるように
そっと押し付け
由衣子の唇を
優しく啄むW様
優しく包み込むkiss
薄く唇を開き
W様を迎え入れると
W様もそれに応えるように
そっと腕に力が入り
角度を変えて
吸いついては離れ
また絡み合う淫らなkissに
由衣子の胡蝶色の蕾からは
じわりと
熱い淫欲の花蜜が滲み…
 
濡れて光る唇の隙間から
溢れる熱い吐息が
W様の肌にぶつかり
W様の熱く滾った欲望が
脈打つのが
由衣子の下腹部に感じ
張りつめた怒張した巨砲の
存在感は大きく
弄ぶように由衣子は
指先でそっと撫でると
眉間に皺を寄せ
腰を引くW様
 
真っ白な
ピンと張ったシーツの上に
倒れ込むと
重なり合い再び唇を重ね
W様の手は
腰へ肩へと這い回り
全身で絡まり
由衣子の微乳を
左右から軽く掌で被い
一番敏感な先端の突起を
剥き出しにされると
熱く大きな手が滑るように
触れられると
先端の突起は
ピンと固く勃ち上がり
W様の掌で
コリコリ転がり
ああぁっ…
優しく先端を摘ままれると
それだけで
背筋がピンと張るような
快感が駆け巡り
 
 
唾液に濡れた唇が
すっかり勃起した
小さな果実に近づき
あんっ…
ぬるりとした感触を
その刺激にピクンと小さく
全身を震わせて
甲高い悦声を上げてしまい
濡れた唇で咥えられ
熱い口内では
舌先がその先端を
休む事なく舐め捕らえると
堪らない刺激に
腰がくねくね踊り
胡蝶色の割れ目はすでに
淫欲の花蜜で濡れ
太腿を擦り合わせると
その内側がぬるぬるし
W様の怒張した巨砲を
挟み込み
前後に擦り付けられると
頭の中まで熱く火照り
躰の芯にある
氷が溶けたように溢れ出る
淫欲の花蜜
優しさと興奮に包まれ
非日常を熟大人の
秘密の時間で
悦び満たされた
お時間でした
また
大人の秘密のデート
お誘いくださいね
 
カプロでお愛した
W様へ
を込めて
 
五十路マダム熊本店
板垣由衣子

912 件中 891 ~ 900 件 表示